旧・千葉気動車区跡

かつて房総地区は「気動車王国」と呼ばれた。全国で準幹線級路線の電化が進んだ昭和40年代になっても、比較的平坦線区が多いという理由からか、電化があと回しとなり気動車列車が走り回っていた。外房・内房線は「鉄道100年」の1972[昭和47]年に総武快速線・東京〜津田沼間の開業と同時に全線電化されたが、北総地区(総武本線・佐倉以東、成田線・成田以東、鹿島線)の旅客列車が電車化されるのは更に先であった。

その気動車列車に使用された車両の基地が、稲毛〜西千葉間、総武線と千葉大学敷地の間にあった。当時まだ稲毛駅付近は高架化されず線路は地平を走っていた。下り列車が稲毛駅を出ると、すぐに左手に専売公社のタバコ工場(その後2009年頃までJT関連会社の倉庫として使用される。2009.12現在、建物は存在しているが使用されていない模様。)が見え、引き込み線にはワム車が何両か停車していた。それを過ぎるとほどなく気動車区の検修庫が目に入る。その先は何両もの急行型・一般型の気動車たちが休む留置線が西千葉駅の直前まで続いていた。車内には千葉から先、各方面に向かう列車の発車時刻とホームを告げるアナウンスが流れてくる。

1975(昭和50)年3月のダイヤ改正を以て、房総地区の国鉄線で気動車列車が走るのは木原線(後年第三セクター化され「いすみ鉄道」となる。)と久留里線のみとなり、千葉気動車区は役割を終えて閉区された。その後跡地は整備されて西千葉公園となり、当時を偲ぶ記念のモニュメントだけがここに気動車区のあったことを物語っている。1983年当時の航空写真では更地となっていることや記念碑の碑文に「1986年 千葉市 建之」とあることから、閉区から10年程度経って公園化された物と思われる。

千葉気動車区跡記念碑(2009.12.27 撮影)
千葉気動車区跡記念碑(2009.12.27 撮影)
turn table site
新港横戸町線跨道橋付近
気動車区跡地の北側(稲毛寄り)の谷地に新港横戸町線が堀割で建設された。写真は跨道橋を南側から見たもの。画面右端に写っている白色の窓が小さい建物が旧専売公社工場跡で、JT系の飲料販売会社の物流拠点として使われていたとのこと。その後方に突き出して見える高層建物はJR稲毛駅近くのマンション。
過去の航空写真から検証すると、専売公社敷地の少し手前付近に転車台があったと思われる。
1972年の総武快速線開業当時は、東京〜津田沼のみが複々線で、快速列車も津田沼〜千葉間は各駅停車と同じ地上線路を走行していた。その後、津田沼〜千葉間も複々線高架化され、気動車区跡地の一部が線路用地として使用された。
気動車区跡地付近は快速線の上下本線の間に待避線が設けられ、運転取り扱い上は黒砂信号場と呼ばれている。貨物列車や臨時列車が旅客列車を待避する場合や、総武・房総方面から千葉駅折返し列車の引上線として使用されている。
2009.12.27
PICTURE.Zenkoji
公園として整備された気動車区跡
上述の通り、閉区後10年程度経って跡地は公園として整備された。公園の稲毛寄りにテニスコートがあり、トイレ、ベンチ、四阿と若干の児童用の遊具などが整備されている。
公園化されて20余年が経過し、樹木も成長して地域住民の憩いの場として活用されている。
2009.12.27
記念碑の位置のおおよその緯度経度情報:(35.6306,140.0983)

この記事は書きかけです。随時更新します。(2015.11.05)

撮影機材:SONY DSC-T700


リンク【「千葉気動車区」に関連した情報のあるサイト】
千葉気動車区周辺の線路配線図など http://senrohaisenzu.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/1975-u-7e1f.html 「懐かしい駅の風景〜線路配線図とともに」
昭和46〜47年頃の写真 http://gold.ap.teacup.com/line/600.html 「デザイン屋の日々」
気動車の配置履歴等 http://homepage3.nifty.com/kiha/ 「きはゆに資料室」

航空写真をお探しの方へ (2012.01.27 記)
国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システム( http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ )が 2011年末からダウンしているようです。国土情報ウェブマッピングシステム( http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/ )の方は閲覧出来ます。
2012.2.4  国土変遷アーカイブの復旧を確認しました。

2015.10.15 追記
「国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システム」は「地図・空中写真閲覧サービス」に変更になりました。
空中写真の検索への入口は、http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do#1です。
地図画面をドラグして千葉駅付近を中心に移動してから、位置を微調整しながら拡大して、稲毛〜西千葉駅の中間付近が画面の中心に表示されるようにします。
左側の画面で「空中写真」だけをチェックして、閲覧希望する画像の撮影時期の期間をプルダウンで指定すると、該当する写真の中心点が地図画面上に表示されます。
写真のURLが取得できませんが、千葉気動車区周辺の写っているものの写真番号を下記に示しますので、閲覧システム利用時の参考にご利用下さい。

空中写真閲覧の詳しい説明「鉄道旧跡探検」の目次ページにあります。


鉄道旧跡探検隊目次へ | My Top Page